FC2ブログ

ドクターコラム

診察室から

大きな声で

私は医療行為も介護する際の行動も、しっかりとした大きな声で相手にわかるように話しかけながらすべきと考えます。処置や注射はもちろん検査やケアをする場合もしっかり相手に告げて了解を得て行うことでより信頼関係が築けると思います。
また、診療中に電子カルテを見て、受付時間から既に30分を越す長い時間が経過している場合には、待たせていることを気にしながら診察室に入ってこられたときに明るく大きな声で「長く待たせてごめんなさい」と話しかけます。
少しでもイライラを和らげて頂きたいと思う気持ちです。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yanodoctor.blog.fc2.com/tb.php/111-ad0e532b